スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと山登りしてきました。
確かに少し楽ではあるものの、全然疲れないというわけじゃないですね。
疲れずに移動したいならエンジンつきの乗り物に乗るのが一番です。

下りではブレーキをかけざるをえない為、比熱の低いカーボンリムの温度が急上昇するようです。
登り性能が良くても下りで不安な思いをするなら、アルミリムでもいいのではないかと思ってしまいます。


帰ってきたらなんとなく駆動系の清掃をしました。
リアディれーラーを外して超音波洗浄。
時折稼動部を動かして洗浄すると、いらない油分や砂、金属粉が出てきました。
ついでにチェーンも。
こちらもジャリジャリでしたからすぐに洗浄液が真っ黒になり、何度も液を入れ替える羽目になりました。
乾燥後、クライトックスを塗布。
良いです。
静かになりました。


アルミフレーム乗りたい病にかかってしまったので、自転車屋へ。
今のフレームに不満はありませんけど、同じものばかり乗っていると飽きがくるかもですし、アルミロードを長時間乗ったことはないので。

コストのことを考えると必然的にアンカ-かGIANΤになるんですよね。
先入観なしに実車を見比べると、前者より後者のほうがダウンチューブがごつくて剛性が高そうです。
しかも前者は後者に比べ値段が高い。

快適性能よりもアルミらしいカッチリした剛性の高さのほうが欲しいので後者のほうがいいかも。
前者をフレーム買いをしてもいいのですケド、そうすると多少足りないものを買い物をする必要がありますので、後者の完成車と同じくらいの値段になってしまうかも。

後者を手に入れるのが一番かなと思いきや、完成車におまけでついてくるホイールとタイヤが邪魔なんですよね。
変速機関係は多少変速が遅くても、とりあえず練習的な走りには影響が少ないとしても、車輪は走りの軽さを決める大事な要素です。
今乗っているのも、完成車で付いてきたホイールが気に入らず、即交換してしまいました。
ホイールはスコーンと回ってもらわないと。

tniもありますが、ちょっと設計が古そうな印象があるのです。
上記のフレームがきちんと計算されてパイプが繋がれている印象なのに、こちらは適当にパイプを繋げただけに見えます。
とりあえず気分転換&練習用に格安の一台となると良い選択なのかもしれません。


帰りに路面がぬれるほど雨が降ってきてしまったので、ちょっと困りました。
帰った後に自転車を拭くのが面倒です。
帰宅ついでに魚屋で珍味を購入。


帰ってきたら雑巾で濡れた場所をざっと拭いて、金属部にはラスペネを吹いて防錆処理をしておきます。
ぱっと見綺麗担ったので良しとして置きましょうか。
本格的なのはまた今度。


オイルを通販しました。
通販専門で流通コスト分を価格に反映していて、物の割りにいい物だという触れ込みですけど、果たしてどうなるものなのでしょう。


昔買った波動云々謳っている凄く胡散臭い燃料添加剤を使ってみました。
12時間以上置くとさらに効果的だとか。
へー。


やることがなかったのでスーパーとホームセンター、マックのはしご。

買い物を済ませクルマに戻ってくると、自分のクルマの近くの駐車場ではポンコツ臭が漂うみすぼらしい12Rが。
ボディの赤色は褪せ、カーボンかなんかわかりませんケド黒いボンネットとGTウイングは白っぽく表面クリアコートが変色しています。
変色しているといえば、ライトも凄く黄ばんでいて、最初はクリア色でも吹いているのかと思ったほど。
ワックスかけずに何ヶ月経っているんでしょうか。
自分なら超微粒子コンパウンドで塗装表面を一枚剥き、高耐久コート剤を適当に塗布して塗装を守りたいです。

そして極めつけはインフィニティエンブレム。
うん、これは恥ずかしい。
しかも無駄に貧乏臭が漂ってきます。
上級グレードのエンブレムをつけるのは「本当は上級グレードが欲しいのにお金がなくて買えないんです。」と主張しているような気がして、見ているだけで恥ずかしいのは自分だけでしょうか。
それを買ったのなら、自信を持ってそのメーカーのエンブレムをぶら下げていればいいんです。
専用グレードにしか存在していない装備なのに、別グレードにそのエンブレムがついていたりすると失笑物です。
エンブレムチューンは見る人に見られると馬鹿にされますよ。
ただしはずすのは可。
そっちのほうがすっきりするからという理由なら全然構いません。


薄汚れた印象の内装を見てみると、運転席赤、助手席黒のそれぞれバケットと追加メーターがついてました。
普通に塗装がガサガサにやれているだけのホイールのダストの付き具合を考えると何ちゃって臭がします。
喫煙車なのかやけに汚いですし、左右のシートの色が違うとなけなしのお金を出して中古でも持ってきたのかと思ってしまいます。

車高は下がってました。
しかし、何というかかっこいい下がり方ではなく、「テキトーに車高調で下げてそれっきり弄ってません。」的下げ方です。
走る車は車高もやる気な姿勢で決まっているので走らない系は決まりでしょうか。

と、このようにボディが汚らしいと無駄に馬鹿にされる確率が上がりますので、クルマ磨きはしっかりしたほうがいいです。
走り系のクルマでポンコツ臭→ドンガラサーキットorドリ系?→ちゃんと走ってる?→本気かどうか細部観察
と、こういう思考回路をたどってしまいます。
今回も内外装が綺麗ならば、大事にして改造しているのかなぁ、くらいで感想は止まったはずです。
掃除してるとトラブルも未然に防げたりしますし、基本的なことですが大事なことです。
そんな基本的なことすら出来ない人は、まぁその程度のレベルの動きしか出来なさそうです。


ホームセンターではなんとなく野菜ジュースを1箱購入。
まとめ買いしたほうが楽といえば楽です。

マックでは1000円セットのようなものがあったのでそれを注文。


今日の変なクルマ。
リアハッチいっぱいにぬいぐるみを搭載し、ルームミラーの存在を無価値にしていました。
中身はさぞかしチンピラな女性かと思いきや、50前くらいの男でびっくりしました。
誰かから車を借りたのでしょうか。


実家のなんちゃってMTBのチェーンをチェーンチェッカー測ってみました。
0.75%すっぽり。
1.0%までは伸びてないようです。
ヒビの入りまくったタイヤの減り具合を考えると、明らかに自分の自転車よりも走ってないのにかなり伸びまくってます。
素材が悪い、管理が悪い、走らせ方が悪いのどれなんでしょう。

8速でしたっけ?でチェーン自体は太く造られていますケド、安物です。
そういえば、昔このクラスの自転車に乗っていたことがありました。
そのときも、かなり頻繁に注油してました。
しかし、駆動系の寿命はすぐに来てしまった記憶があります。
安物は所詮安物、高級品とは別ってことなんでしょうね。

錆はありませんが、てっきとうに乗りっぱなしですんばらしいコンディション。
それに比例してチェーンの状態も酷くなるのでは。

外装の程度しか頭がないらしく、それでも外装メンテは錆びた部分を刷毛で黒く塗っただけ。
フォークのしゅう動部も黒く塗ってしまうなんて、どういう神経しているのかまったくわかりません。
とりあえず無知なのだということはわかります。
不器用な上無知な者のテキトーDIYは見苦しいです。

駐車の前は低速のはずなのに前ギアはアウター使いやがっているんですよね。
ギアの磨耗具合は観察しませんでしたが、恐らく常にアウターに入れっぱなしなんでしょう。
チェーンのたすき掛けしたら駆動系も痛むというものです。


動かしてみるとやはりチープな感触。
内部はノーメンテで磨耗も進んでいるでしょうし、仕方ないことなのでしょうね。
まぁ、中身が腐ってようがなんだろうが見た目が良ければ満足で、乗り物は動きさえすれば問題ないと思っている人にはお似合いかもしれません。
そういう人に良い状態の機械を与えても豚に真珠です。
回っているすし屋で十二分に満足している人にすし屋のすしを食べさせても味がわからないのと一緒ですね。
あちらからすると、同じものなのに何故高い料金を払わなければいけないのだろう、という心境なのだと思います。
馬鹿の壁は存在し、それを越えることは困難で、それによって差別や迫害なんかがあるのだろうと考えてしまいますね。

何度助言してもそちらの思うようにやって失敗を続けて、しかも失敗に気づけない人なんてもうどうでもいいですケド。
失敗に気づけない感性を持っていると、失敗しても失敗に気づけないのが怖いです。
自分もそうならないようにしたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
userID:naonao_
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。