FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

forza4進め中。

今は適当にレースをやってお金をためつつ、色々な車を買い漁っています。
そういえば、今回の目玉になっている430が速いです。
初めに34のカムだけ換えたチューニングカーでレースに挑んだらひどい目に遭いました。

試しに34から430に乗り換えたら、お金がかかっているだけあって乗りやすくて速いです。
シャシー性能が高くてラインの自由度が高く、頑張らなくてもスッと鼻が入って使ってて気持ち良いです。
こんないい車を相手にしていたのなら苦戦するのも仕方ないですね。
上限無視の勝負だったら34でも勝ち目はあるかもしれませんが、中途半端な弄り方では駄目のようです。


RUFがいいですね。
完成度が異様に高いです。
700馬力くらい出ている後輪駆動車なのに全然不安感はなく、凄くコントローラブル。
きちんとコントロールしている限り、いきなり破綻する気がしません。
乗り手のレベルより高い次元でぐいぐい曲がります。
これでまだ限界まで弄ってなく、ノーマルなのですから凄いです。
まぁ、最初から高度なチューニングが施されているってこともあるのですケド。

R35はノーマルでもいきなり乗りづらくて、これはないと思いました。
値段の割りに凄いんですけどどこかつまらない。
バランスを考えず高い食材をテキトーにぶっこんだ幕の内弁当みたい。
低レベルのセッティングを施されたチューンドより乗りづらいです。
乗りこなしにくい、ではなく、乗りづらい、ここがポイントです。
改造したらノーマルの乗りづらい特性はそのままにただ早回ししているだけ。
正直微妙ですね。
第三世代のRのほうが遅いですが楽しい車に仕上がってます。

32~34を続けて乗りました。
エンジンの音が良いですね。
収録車種でも随一と思います。
32から33の違いはちょっとボディが硬くなったかなぁくらいしかありませんが、34はボディが旧型比べすぐわかるほどに硬くなってました。
多少動きは鈍いですが、足回りのセッティングが良く自然に動かせます。
タイムはどの型も殆ど変わりありませんでした。
好みでどれを選んでも良いですし、改造ベースとすれば性能差は殆どないと思います。
残念なのは34のマルチファンクションディスプレイ欄にはブースト計を動かして欲しかったことです。
今のままだとただの鏡みたいに見えてしまいますので。

CT9A。
これは本当に9MRでしょうか。
なんかイメージと違うように見えます。
車内は時計の造形に違和感があります。
もうちょっと窪んでませんかね。
車重も1490kgと実際のカタログ値より重いです。


CZ4A。
すっごく乗りやすいです。
以上。
ってのは簡単すぎですので細かく記しますと、適正な速度にさえしてしまえばコーナーリング中に破綻することは皆無です。
パワーは車重に負けていて少々加速が鈍いですが、誰でも簡単に動かす出来る数少ないスポーツ系の車でしょう。
このシャシーバランスだとノーマルでも450馬力くらい欲しいですね。
そうなるとV6、3Lターボとなってさらに重くなりそうです。
重量的にGTOが見えてきました。
衝突安全性を考慮したり性能が上がれば基本的に重くなりますし、馬鹿が決めたお金を落とすことを奨励する歪な規制のせいでどんどん車が重くなってしまうのが惜しいです。
車は軽量さが正義だと思うのです。
剛性は高くても切れ味の良い運動性は手に入れられません。

MX-5はいいですよ。
シンプルイズベストを体現する車です。
パワーはなく全然性能はよくないのですが、弱オーバーでなんとも気分良く操作できます。
特にストレートの少ない峠コースにがっちり合って相当楽しいです。
代を経ると普通車っぽさが出てしまって何か違うなーって気分にさせます。
やはり初代が良いです。

7はかなりいい線いってます。
FRの基本が味わえる、貴重な車だと思います。
このくらいがちょうど良いかもしれません。
ちなみに8はちょっと違う気がします。

AW11スーチャー。
なかなか良いですね。
シャシー性能とエンジン性能のバランスも程よく、コーナーリング中にエンジンパワーを炸裂させてもまったく怖くありません。
こういうので腕を磨くというのはありです。
惜しむらくは、こういう車が新車で売れる時代じゃないことでしょうか。
一車種くらいこんな車が残っていても別にいいと思うんですけどね。

IS-F。
高々400馬力程度を受け止められないようなシャシー性能、もっさりした運動性。
旧車より劣化してます。
旦那カーとしては良いんじゃないです?
まぁ?、このメーカーにしては頑張ったほうだと思いますよ?

370Z。
もっさり系旦那カーです。
エンジンももさぁ、シャシーももさぁ、です。
あまり鋭い味付けにすると旦那さんに受けがよくないのでしょう。
やっぱり乗りやすいほうが良いですもの。
自分はいりません。


いい車だと思うのでスイフトスポーツはしらせてみたいです。
でも、なぜか収録されていないのですよね。
DLCがでたら欲しいかもしれません。


エゴハイブリカー。
ないです。
エコのために我慢しよう、というコンセプトに違いありません。
そして、その我慢はある種の人間には拷問にも等しいです。

これは何を思って収録車種に入れたのかまったくわかりません。
こんな大きな粗大ゴミを作っているよと逆宣伝になりかねないんじゃないでしょうか。

何が駄目って何も何も面白みがないことです。
曲がるときも長大なホイールベース以外の要素で何か気持ち悪さが残りますし、加速もしているんだかしてないんだか全然わかりません。
乗り味がペラッペラしてて小型車より、昔の車より全然乗り味がよくありませんでした。
実車より性能に下駄を履かせているような気がするのは自分だけでしょうか。
性能の輪郭自体は同じですが、それが一回り以上大きくなっているように思えます。
全改造して後付ターボをつけたりして速くはなったものの基本特性は変わらず、気持ち悪い速い車になっただけ。
流動食にソースやケチャップで味付けしても食えたものじゃないことは明白だったのに無駄なことをしました。


実車にも楽しさはまったくありません。
楽しくないから無駄にドライブに行かなくなると。
とってもエコに貢献できます。

乾いた雑巾をまた絞るような車の作り方をするメーカーが多大なコストをかけた(かもしれない)ハイブリッドシステムを積んでいる関係上、その他の要素にお金がかかっているようにはまったく思えません。
第一印象が「でかい軽」ですので。
チリは合ってなく全体的にモサッとしていて、ドアの閉まった音なんて本当に安っぽく、まるで昔の軽です。

ガワでもこれだけ手抜きしているのですから、下回りなんてひどいものです。
ちょっとみたくらいで、手抜きやしょぼさがわかります。
例えばサスペンションなんて、この重量なのにこんなしょぼさで良いのかと。
タイヤもエゴタイヤで、こんな細さで緊急時に思ったように動けるとは思えません。
サスペンションの取り付け剛性が低く、普通に流しているだけなのに路面のうねりに敏感に反応してフラフラと蛇行し頼りない挙動を示しましたし、セッティングの基本は強いアンダー傾向です。
エンジンルームには余計なものが詰まってますから、フロントが無駄に引っ張られてしまうのでしょう。

まぁ、大多数の、車を家電程度にしか思ってないような層にはバカ受けなので、メーカーはまったく痛くも痒くもありませんね。
冷蔵庫のヒンジの閉めた時の感触の良し悪しなんて普通議論しませんもの。
ただ燃費良くて自分は地球に貢献できているんだという優越感、幻想を抱くことが出来ればそれで十分でしょう。
その燃費も車体価格と性能を考えるといいものだとは思えませんケド。

どこかのエコ雑誌でリッター10km以下の車とほぼカタログ値の糞ハイブリを比べてお徳!的な文句があったのですが、情報が偏向的です。
カタログインチキが大好きなメーカーですので、下駄履かせたカタログ値なんて実車で出るわけないです。
燃費の悪い車なんて今は覚悟してる人や裕福な人くらいしか乗ってないでしょうし、クズ車を仕方なしにはあるにせよ、喜んで乗るとは思えません。
これ乗るくらいなら他メーカーの中古のコンパクトにでも乗ってた方がずっと良いです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
userID:naonao_
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。