スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヤホイールも組みました。
今度で何回になるんでしょう。
今使ってるロードのホイール1セット、ニップルの交換に、縦振れ取るために一回テンションを下げてからのテンション調整。
振れ取りは何回もやりました。
そしてMTBのホイール。
こちらは丈夫なので初期の触れを一回取っただけでしたっけ。
そうなると、今回で3セット目ですか。

古いスポークを外すのめんどくさいです。
で、DSは3クロス、NDSはラジアル半分間引きで組みます。
NDSはDSと同数で組むとテンションに余裕があるので半分にしてみました。

使い古しのリムのリヤ側に結構ダメージが蓄積されてるようです。
良くみると凹んでいるところや、縦振れが取りきれなかったところをみると歪みが出てきているのでしょう。
激しいブレーキングはしないので摩擦面は綺麗なものなのですけどね。
トラブルが出てからでは遅いので、寿命を迎える前にリムも新調したいと思います。

出来たら試乗してみました。
高速の伸びはいいです。
でも、ただそれだけ。
ボディがよれたチューニングカーみたいな不安感があります。
コーナーリング時の横剛性、乗り心地、加速力、耐久性、真円度が軒並み性能が下がってて、あまり使ってて楽しくありません。
コーナーリング性能の低下は顕著で、曲がっている最中、一定の反力をホイールから感じられないので不安感が増大します。
不協和音が入っている感じ。
普通に十字路を曲がってもそう感じるのですから、下りの高速コーナーなんて大減速しないとまともに走れないと思います。

本来32本のところを24本で、しかも変形スポーク組で組んでるんですからネガが出て当たり前です。
体重がある人は、特に変な組み方をするのは厳に慎むと、出先でのトラブルの発生確率が下がるでしょう。
重たい人は、太いスポークと36hの高剛性リムを使ってカッチリ組んでもらうといいです。
もしエアロ性能が欲しかったら、幅広きしめんスポークでいきたいところです。
ハブ穴に通せるか、という問題が浮上してきますけど。

変てこな組み方のホイールは高いコンプリートホイールに任せて、自作ホイールは基本に忠実に組み上げるのが一番簡単でリターンも大きいと思います。
変にこった組み方にするとあまり性能が上がらないわりに耐久性などがさがって、良いとこ取りしようとして悪いとこ取りになる可能性が高まります。
今回の自分がそうでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
userID:naonao_
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。