スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷらぷらと散歩に
その帰りにお店によりました。

整備で入っていた7.5万キロくらいの大型車のエンジンをかけてたので、耳を澄ませてみたのですけど変な音は全然してませんでした。
M○TULを新車から使っているそうです。
自分は初期性能重視のは好きじゃないのですけど、良いオイルを使っているエンジンは距離を乗ってもシャキっとしてるようです。
大型エンジンのため、総回転数が少ないのも効いているのかもしれませんね。

距離乗らないでまともに動かしてないような個体は調子が悪いことが多いんですって。
まぁ、運動不足なら調子悪くなるのは当たり前ですね。
機械は動かしてなんぼですもの。


メカさんの大型のエンジンもエアクリなしで7万超えでも全然問題ないっぽいです。
こちらは適切なタイミングでオイルを交換しさえすればいい派のようです。
何でも良いって言っても、最低限の品質はクリアしているはずで、ホームセンターのプライベートブランドのダメオイルみたいな低品質品は使ってないはずです。

距離を乗っても整備していれば別に問題はないんですよね。
市場価値は二束三文になってしまいますけど。
3万キロ走ったやつなんてゴミ同然です。


廃原チャリの起こしをしているそうです。
エンジンは大丈夫なポンコツ原付をまともに走れるように手直しして売るんだとか。
交換パーツ代や手間を考えると1~2万の現状販売で売り飛ばすのが一番楽だけど、それをやると信用問題なのでやらないそうです。
新車価格の半額くらいで出すそうですが、見た感じ動けばいいくらいのレベルにしかならないっぽいので、素直に新車買ったほうがいいですね。
トータルだとあまり変わらないと思います。

長持ちの秘訣を聞いてみたら、2000km毎のオイル交換と年一回の点検だそうです。
そんな簡単なことでいいんですかね。
逆にそれすらもやってない人ばかりなんでしょうね。
原付なんて足代わり、別に今動いていればいいくらいにしか思ってない人が多いんでしょう。
手間かけていろいろ油差したり調整したり、整備していると長持ちしそうです。

バッテリーを外そうとしたら端子がもげたのに驚きました。
ちょっと力を入れたらモロっといきましたよ。
これは中華バッテリーの低い品質のためで、国産バッテリーじゃまず起こらない現象みたいです。
反対側の端子も、どうしてこうなったかわからないくらい赤錆に覆われて工具も歯が立ちません。
国産バッテリーが高いのにはきちんと訳があるってことですか。
自分は国産バッテリーしか使ったことありませんけど、長年使ってもこんな酷い有様になりませんでしたよ。


帰ってくるときの電光掲示板で路面温度が2度と表示されました。
これはタイヤがグリップしなくて当然の温度です。
寒いですし、無理しない方向で。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
userID:naonao_
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。